外科病棟での夜勤。オペ後管理で忙しいですね(>_<)

外科病棟での夜勤。オペ後管理で忙しいですね(>_<)

pixta_6269191_S.jpg

私は、一般病院で日勤の仕事をしていたんですが、給料アップの為に、夜勤専従の仕事に転職しました。

今は、外科病棟で働いています。

働いている病棟は、スタッフが不足しているので、夜勤専従の看護師を募集していたんです。

予想していた通り、外科病棟の仕事はとてもハードです。(><)

外科病棟というのは、オペ管理がとても大変なんですよね。

他の病棟だと、夜間は落ち着いていて、穏やかに過ごす事ができるところが多いんですけど、
外科病棟の場合は、そんなわけにはいかないんです。

オペ後というのは、モニターを装着しているんですが、
一晩中モニターのアラーム音が響きわたっている状態なんです。

1時間おきにバイタルチェックをする必要があるし、何度も病室に訪れる必要がある為、
座っている時間なんてないというのが実状です。

それに、オペ後というのは急変が起こる事が多いので、気を抜く事ができないんです。

急変が起きた時には、素早くそして的確な対応が必要になるんですよね。

命に関わってしまう事態ですから、精神的な負担はかなり大きいんです。(+_+)

外科のような緊張感の高い職場というのは、働いているナースはいつもピリピリしているので、
職場の雰囲気は良いとは言えません。

それに、外科病棟というのは、患者さんの出入りがとても激しいので、勤務の時には必ず早めに出勤して、
患者さんのカルテに目を通すようにしています。

高度な医療行為が必要な患者さんをリストアップして、より良い看護が出来るように自分なりに努力しています。

夜勤専従の仕事は、1回の勤務で4万円の収入になるので、1ヶ月にしてみるとかなりの収入になるんです。(^0^)

この職場の業務は本当に大変です。

でも、その分学ぶ事が沢山ある職場です。

2015年4月22日|