冬ってどこの病棟も忙しい!急変とかステルペンが確実に増えますよね!?

冬ってどこの病棟も忙しい!急変とかステルペンが確実に増えますよね!?


一年の中で、冬は最も忙しい時期です。
寒い冬は、風邪やインフルエンザ、それにノロウイルスなど、感染症が蔓延する時期ですから、
外来は患者さんでいつも一杯になります。
いつもであれば、しっかりと休憩が取れていても、この時期には、多くの患者さんが訪れる為、
休憩もまともに取れない事が多々あります。
時間内に診察が終わらないので、残業になる事も多いのです。

忙しくなるのは外来ばかりではありません。
病棟も大忙しです。
高齢者の方など、基礎疾患を持っている患者さんは、風邪を引いた事から肺炎を起こし、重症化してしまうケースが多いのです。
急変が重なる事もありますし、スタッフの人数が少なくなる夜勤は、バタバタする事が多くなります。
それに、免疫力が低下している患者さんの場合、急変から回復できない事もあります。
ステルペンも、他の時期に比べると確実に増えます。

病院というのは、面会の方もいて、常に多くの方が訪れるので、どこで風邪を貰ってしまうかわかりません。
冬場は、感染症対策を徹底して行っているのですが、完全に防ぐ事はできません。
例えば、1人の患者さんがノロウイルスにかかってしまうと、病棟内に一気に広がってしまいます。
感染症が蔓延してしまうと大変な事になってしまいます。
そのような時には、毎日残業があり、疲れ方も倍増してしまいます。

冬というのは、ただでさえ憂鬱な気分になります。
寒いというだけで、テンションが下がってしまいます。
それに加えて仕事も忙しくなると思うと、職場に行く足取りもかなり重くなってしまいます。
今年こそは、何も流行る事がなく、穏やかな病院でありますように、と毎年願っているのですが、
なかなか思い通りにはいかないものです。

2014年4月27日|